ランサーズで会社の手取り分稼ぐことができたので報告してみる。

副業

アイキャッチ画像:Unsplash

えげつないテーマで恐縮なのですが、今回はお金の話になります。

何が言いたいかって、ランサーズで会社員だったときの手取り分稼ぐことができました!

さすがに一部モザイクで伏せます。会社員の手取りがばれると恥ずかしすぎる(汗;あとで消すかも。

やった内容は、ライティングとプレスリリースリライト、あとはネーム起こしです。

会社員の手取り自体は大きすぎず小さすぎず、新卒事務ぐらいの平均的なものですが、こうして少し余裕ができるくらいの結果が出せて嬉しい限り。

病気や諸事情で外に出て働けないケースでもお金を稼ぐことができる、ということを身をもって知れた良き経験になりました。

何とかなる・・・!

自己投資できるものにほんの少しだけ使いたいな。

今回うまくいったのは、

  • 取引先からの大量発注があった
  • 文字単価も良かった
  • たくさん書(描)いた(その分作業量大変で頭も使いましたが・・・発熱しそう)

ということが主な要因でした。たまたま大量発注があったという偶発的要因が大きい。

しかしそれ以上に、ランサーズが募集していた案件で文章制作のお仕事を紹介してもらったところが大きかったのかも。

プラットフォームを運営してるところがプロジェクトをまわしているだけあって、しっかりしています。なにより案件が1円以上のものばかり。

安心してお仕事に取り組めるのが一番いいメリットです。

もちろん他企業や個人で募集かけているところでも信頼できるものはあります!

とはいえ、クラウドソーシングで文字単価1円以上の案件を探すのは難しくなっているのも事実です。

ざっとついさっきも見てみましたが1円未満の案件の数が半端なく膨大。

いかにも”安く済ませたい”感がある案件です。

(しかし1円未満に設定したくなる気も分からないではありません。私も指摘できる立場ではありませんが、応募してくるライターのレベルが低い場合もあり、そのような場合実際に書いてみてもらわないとわからないこともあるからです。)

私は最初、業績作るためにそんな案件に手を出してみましたが、安いわりに次から次へとクオリティだけ求められるので、どんどん萎えていきました。

あきらかに工数の割に報酬があっていないよなぁと・・・。せめて画像選定分、料金に上乗せしてほしいなぁと思ったのが本音でした。

だから私は、ライターのレベルはもちろんのことですが、それ以上に、まず一定のクオリティを維持するためにはクライアント側でも十分な報酬は保証すべきだと思います。

クラウドソーシングで稼げている方が一様におっしゃっているのと同様、消耗するだけなので、自分の糧になるとか、自分に向いている、どうしてもやりたいテーマだ、などの理由がない限りは、1円未満案件、やめたほうが無難だというのが私の結論です。

もちろんクラウドソーシングのなかには1円未満の案件ばかりではありません。

高単価案件も公開されています。

ですが高単価案件は応募が殺到してしまうのと、単価が高い分それだけ専門性が求められます。クオリティもハードモードに。

ひとつのプロジェクトが長くなるのでその分報酬も遅れる可能性もあります。

とはいえ、1円未満の案件については、求められるレベルや作業数、人の好みでも状況が違うので、一様にその良し悪しを論じることはできません。

ひいていうなら、自分の専門と合致する高単価案件を受けることができたならそれに越したことはないかなと。

私の場合、問題はこの水準を維持することです。

今回は大量発注があったから可能であったことなので、間違いなく来月の受注分は減ると推測されます。

ということは稼ぎも間違いなく減る。

なので休みのうちにさらなる種を蒔いておかなければ・・・。

新規案件への応募やポートフォリオの整理・作成をしておきます。

あとは先延ばしにしていたPHPの勉強!wordpressのオリジナルテーマをつくれるように勉強したいなぁと。

下の電子書籍を参考にしながらやってますが、何とか追いつけてる感じ。

レビューにもあるように、「理屈ではなく、まずとにかくサクッと作ってみて、理屈は後から勉強したい」人に向いていると思います。

よーしサクサク作るぞ!

それでは、今回は怪しい感満載のテーマでしたがこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました