【Clip Studio 小技】ラスターレイヤーに描いてしまった絵をベクターレイヤーに直す方法

クリエイティブ

この記事では CLIP STUDIO でラスターレイヤーに描いた絵をベクターレイヤーに直すやり方について解説しています。

この方法を覚えたら、間違えてラスターレイヤーに描いてしまっても、1から描き直す必要がなくなります。

また、逆にベクターレイヤーからラスターレイヤーに変換することも可能です。

方法はとても簡単で一分もかかりません。

ぜひこの方法を試してみてください。

レイヤーメニューからレイヤーの変換を選択

上部メニューにあるレイヤーを選択

上部メニューにある「レイヤー」を選択します。

「レイヤーの変換」を選択。

メニューの中からレイヤーの変換を選択します。

ラスターレイヤーからベクターレイヤーに変換

レイヤーの変換画面が出ます。

種類という項目にあるラスターレイヤーをベクターレイヤーへ変えます。

ベクター設定を選択。

ベクター設定を押すとベクターレイヤー変換設定という画面がでます。

最大線幅をペン先のサイズと合わせてOKを押します。

これでラスターレイヤーからベクターレイヤーに変換できました!

うっかりラスターレイヤーに描いてしまったけど、また最初からベクターレイヤーを出して描き直すのはもったいない…

そんなときはレイヤーの変換を使って見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました